貴方はオンラインカジノと聞いてどのようなものを感じますか?
何か胡散臭いものを感じたりしませんか?またすでに楽しんでいる人は後ろめたさを感じていませんか?

実はオンラインカジノが違法なのか?合法なのか?を悩んでいる人が多いとする報告が存在しているのです。

そこでオンラインカジノについてもう一度情報を整理しておきたいのですが、これはギャンブルの一種であり、インターネットを利用することで本場のカジノと同様に現金を賭けてゲームを楽しむ形態となっていますよね。つまり日本国内で公営以外のギャンブルを楽しむわけですから、やはり賭博罪に問われてしまうのでは?そのような疑念が湧きますね。

オンラインカジノと賭博罪

しかしながら、現在オンラインカジノを楽しんでいて賭博罪に問われることはないのです。

厳密にはオンラインカジノが法律上のグレーゾーンに位置しており、そのため摘発することができないとした方が正確なのかも知れません。

なぜこのような状況にあるのでしょう?

それは日本の法律がインターネットの発展に追い付いていない現状が理由であるとされており、また法を改正するためには様々な手続きが必要になるために、現在の状況となっているのでは。それから、テレビなどを見ていると芸能人がラスベガスなどへ旅行に行って、カジノを楽しむ映像を目にしたことはありませんか?その後これらの芸能人が摘発されるようなことはありませんよね。つまり海外で合法とされているギャンブルを楽しんでも賭博罪が適用されることはなく、帰国後に逮捕されてしまうようなことはないのです。

ではオンラインカジノはどうでしょうか?
日本国内でバーチャルではありますが本格的なカジノプレイを楽しんでいて大丈夫なのでしょうか?

また現金を賭けてプレイしている訳ですから、賭博罪が成立してしまうような気がしますよね。
しかしながらオンラインカジノの場合にはサービスを提供するサーバーが海外に設置されており、現金もインターネットを介して授受がおこなわれていますので、摘発対象からは外れることになるのですよ。

また、時折日本国内でカジノカフェのオーナーおよび客が、逮捕されたなどの事件記事を見聞きすることがありますよね。
この場合には胴元というべき運営者および運営業者が日本に存在しているから摘発対象となってしまうのであって、オンラインカジノの場合には日本の法律で取り締まることができないのです。

よって、安心してオンラインカジノを楽しめば良いということになりますよね。