オンラインカジノで利益は出るのか

娯楽としてではなく、割りの良い投資としても注目を集めているオンラインカジノ。インターネット環境さえあれば誰もが楽しめるもので、更にはカジノということもあって利率がとても高いのです。そのため、楽しむためではなく投資、あるいは割りの良い副業としてオンラインカジノと向き合っている人もいるのですが、実際の所オンラインカジノは利益が出るものなのでしょうか。

オンラインカジノの勝ちやすさ

オンラインカジノ

割りの良い投資、或いは副業として選ばれているのはオンラインカジノが勝利しやすいものだからです。具体的に言えばペイアウトが高いのです。ペイアウトとは還元率と考えても良いでしょう。オンラインカジノの還元率は95%と言われています。この数字を公開している所もあれば、更に高いペイアウトを誇るオンラインカジノもあります。還元率とはお客にどれくらいのお金を戻すかです。例えばお客が使ったお金が総額で100万円であれば95%の還元率であれば95万円はお客側に戻すということです。もちろんすべての人にということではなく、あくまでもお店側の総支出が95%ということになりますので、がっつり勝利を得る人もいれば、逆になかなか勝てない人がいるのもギャンブルの特性上仕方ない部分ではあるのですが、還元率が高い方が単純に勝利の可能性は高まります。ちなみに他のギャンブルの還元率を見てみると宝くじで46%、競馬で75%、パチンコで80%。これらの数字と比較してみてもオンラインカジノの還元率の高さが分かるのではないでしょうか。先に挙げたジャンルよりもオンラインカジノの方がお店側がお客側に戻すお金が多い、つまりは勝利しやすいと考えても良いでしょう。

なぜオンラインカジノなのか

スマホでプレイ

高いペイアウトのおかげでオンラインカジノを娯楽ではなく利益のためと割り切って楽しんでいる人も多いのですが、オンラインカジノが選ばれている理由はもう一つあります。それは手軽に行える点です。仮にですが、いくら高い還元率ではあっても実際に足を運んで行わなければならないとなればさすがに足が遠のく人も多いのではないでしょうか。仕事の都合や時間の調整等は難しいものです。ましてや我が国ではカジノは禁止されていますので、カジノを楽しみたいのであれば外国まで出向かなければなりません。面倒だからと思っても先に挙げたようなギャンブルでは還元率は高くはありません。ですがオンラインカジノの場合、インターネット環境さえあれば楽しめるのです。しかも高い還元率です。手軽に高い還元率のコンテンツを楽しめるため、オンラインカジノの人気が高まっているのです。インターネット環境があれば未成年でなければ国籍を問わずに楽しめるのがオンラインカジノになりますので誰もが楽しめるのです。
特に近年ではパソコンからだけではなく、スマートフォンからでも楽しめるオンラインカジノも登場しています。つまり、スマートフォンからでも楽しめるオンラインカジノであれば自宅だけではなく、どこででも楽しめるのです。出勤途中や休憩中、喫茶店や電車の中。どこででもオンラインカジノを行えますので、言い換えれば「どこででも高還元率のゲームを楽しめる」ということになるのです。この点はオンラインカジノの大きなメリットです。

法律的な問題

違法性

ここで一つの疑問を抱いた人もいるかもしれません。そうです、法律です。オンラインカジノは法律面では大丈夫なのかという疑問は誰もが抱えるものかもしれません。なぜなら、先にも少し触れたように我が国ではカジノは法律で認められていません。そのため、いくらインターネット上ではあっても法律に問われてしまうのではないかと恐れている人がいるのも決して分からない話ではありません。実際の所法的見地はどのようになっているのかといえば、「問題なし」です。「国内では禁止されているのに?」と思うかもしれませんが、オンラインカジノの業者はカジノが合法な国にて展開しています。具体的にはカジノが合法な国から認可を受けた業者がカジノが合法な国のサーバーにて運営しているのです。そのような業者のオンラインカジノであれば何ら問題ありません。法解釈としては海外旅行でカジノを楽しんでいるのと同じことになるのです。インターネットですとあまりにも気軽なのでどの国のサーバーにアクセスしているのかなど分かりませんが、オンラインカジノの業者はカジノが合法な国から認可を得ていますので、認可を受けているオンラインカジノであればどれだけ楽しんでも法に問われることはありません。

このような特徴から、オンラインカジノは利益が出やすく、さらにはリスクもないと言われているのです。もちろんギャンブルである以上必ず勝つと断言することは出来ませんが、ペイアウトの高さからも分かるように、他のギャンブルよりは勝利を手にしやすいと言っても決して過言ではないものなのです。それだけに、投資目的として行っている人もいるのです。