投稿日:

オンラインカジノに入金するには

iWallet(アイウォレット)って何?

アイウォレットって何

iWallet(アイウォレット)は、オンラインカジノの入出金や、その他のショッピング、ビジネスなどで幅広く利用されている、電子決済サービスです。
オンラインカジノの気になる入出金手段ですが、こちらのアイウォレットが採用されているところは多いです。
エコペイズほど多くのオンラインカジノで普及しているというわけではありませんが、主要な人気の日本語対応オンラインカジノでは、比較的導入が進んでいるサービスとなっています。

これからオンラインカジノを始める場合、ぜひ概要を知っておきたい電子決済サービスの一つです。

とにかく便利なアイウォレット

アイウォレットは、「アイウォレットカード」というプリペイドカードを発行することが出来ます。
こちらのアイウォレットカードを使用することで、コンビニエンスストア、郵便局で口座の現金を引き出すことが出来ます。
さらに、残高は買い物でも使用をすることが出来ます。また、こちらのカードは世界の200カ国以上で使用をすることが出来て、MasterCardですので、紛失・盗難のサポートなども万全となっています。

安全に口座開設が出来るのも魅力

安全に口座開設が出来るのも魅力

アイウォレットは、とにかく安全に口座開設が出来るのもメリットです。
日本語対応となっていますので、そのまま日本語で基本情報を入力し、数分程度で口座の開設が可能です。
メールアドレスだけで登録をする事が出来て、身分証明書も不要ですし、面倒な手続きは一切必要がありません。
上限額の設定を解除したい場合だけ、身分証明書を提出することで、アップグレードすることが出来て、上限額を引き上げることが出来ます。

日本語対応となっていますので、私たち日本人でも安心して利用することが出来ます。
分からなければサポートにも問い合わせることが出来るので、トラブルもスムーズに解決することが出来るのです。

アイウォレットの運営企業は?

アイウォレットの運営企業は、2013年に設立された割と新しいサービスとなっています。
イギリスに本社が置かれており、安全性や信頼性なども定評があります。
オンラインカジノでも、「ジパングカジノ」「ベラジョンカジノ」「カジノジャンボリー」などで導入されています。

主要6通貨に対応をしているということもあり、外貨両替にも対応をしています。
安全でかつスピーディーに入出金を行いたいのであれば、ぜひこの機会に口座を作っておくと良いでしょう。

クレジットカードでも入金することが出来る

クレジットカードでも入金することが出来る

オンラインカジノというと、入出金が複雑なイメージを持つ方も多いです。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているということもあって、入出金が複雑な面もあります。
しかし、実はオンラインカジノへの入金は手持ちのクレジットカードからも可能となっています。

オンラインカジノでの入出金方法はいくつか方法がありますが、クレジットカード対応しているオンラインカジノなら、入金が可能です。
手持ちのクレジットカードから即座に入金をする事が出来てすぐに反映されます。ショッピングをするのと同じ感覚で利用できるので、手軽なのがメリットとなっています。

クレジットカード入金できるオンラインカジノは限られている

オンラインカジノによって、クレジットカード入金が出来るところとそうでないところがあります。事前にチェックをしておきましょう。

また、カードの発行元やその時期によっては、クレジットカードが通る場合と、通らないことがあります。
最近ではオンラインカジノ側の技術が発達したこともあり、使えるカジノも増えてきましたが、引っかかってしまうことがありますので、その場合には別のカードを試してみたり、オンラインカジノを変えてみたりすることが大切です。

クレジットカード入金のデメリット

クレジットカードの入金は手軽で簡単ですが、問題が出金方法です。
オンラインカジノにおいて、入金はクレジットカードで出来ますが、出金をする事は出来ません。
従って、無事に入金をする事が出来たとしても、払い戻しが面倒になってしまいます。

入金をクレジットカードで行ったとしても、払い戻しの際には、アイウォレットなどの電子決済サービスを利用して出金しましょう。
オンラインカジノでは、エコペイズやiwalletなどの決済サービスを利用することを推奨しています。

クレジットカード入金のデメリット

クレジットカードへの払い戻しには注意を

一部のオンラインカジノでは、オンラインカジノでの勝ち金をクレジットカード会社へと払い戻すというサービスを導入しています。
この方法だと、超過分が銀行振込される形になりますので、クレジットカードに出金することが出来るのですが、形上は払い戻しとなっていますので、差異が大きく不自然になってしまい、カード会社に目を付けられてしまうことになりかねません。
このため、電子決済サービスなどを利用して、出金はそちらで行うことが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です